コスプレの世界をどこまで知っていますか?コスプレに触れ合うために必要な事をお教えします。

イベントの変化について

野球の場合は甲子園、サッカーは国立競技場、
すもうは両国国技館、ラクビーは花園といったように、
高校生にとって聖地と呼ばれる場所は、自分を表現する最高の舞台です。
ファッションショーなども東京ファッションタウンなどで行われる、
大きなイベントであり舞台といえます。

コスプレも多くのイベントが開催されており、どんどん広がりを見せ始めています。
イベントの形には、ファッションショーのようなものや展示会があります。
ダンスなどを取り入れたパーティーを行うイベントの場合は、ディスコ会場などを使用します。
テーマパークなどでもイベントの1つとして、取り入れるようになってきました。
当初、後楽園で行われてから広がりをみせ、
ユニバーサルスタジオジャパンなどでもダンスとコラボレーションしたイベントを、
ハロウィンに実施しました。

広がりをみせる一方で、限定したコスチュームイベントをするような会も発足されています。
1990年代以降は、インターネットが普及し情報も得やすい環境になり、
雑誌や写真集を担当するカメラマンも多く出てきました。
また、俳優やタレントが趣味をコスプレと語ることも多くなり、
広がりはとどまることを知りません。

2007年には、非営利法人の協会が発足され、定期的に大会やイベントを開催し、
情報交換の場を設けるなどの活動がされています。
コスプレは、漫画やゲームが好きで趣味という領域から、
多くの人を楽しませるためのエンターテインメントになりました。
多くのイベントに参加してもいいですし、鑑賞してもいいです。
まだ、参加したことがない人も楽しんでみましょう。